台湾 日々の暮らしから

naotw15.exblog.jp ブログトップ

台中 毛筆がぶら下がるレストラン

f0161318_0242152.jpg

上のレストラン、天井からぶら下がっているもの、何だかわかりますか?
なんと、天井一面が、毛筆、なんです。
びっくりしました。落ちても痛くないから大丈夫!?・・・と思いますが、この発想には驚きました。

先日高雄から友人が遊びに来て言うには、「台中のレストランは、やっぱりおしゃれで、楽しい!」んだそうです。
確かに、台湾の他の場所と比べて、台中のレストランの内装は、凝っているところがとても多いです。台北にも美味しいレストランは沢山ありますが、店作りに関しては、台中のお店にかなわない!のではないでしょうか。料理は器で食べるもの、とよく言いますけど、台中の人たちは、食べる場所全体を器に見立てているかのようです。お店の雰囲気も食を演出する要素として、とーっても大事にしているんですよね~。

f0161318_0284372.jpgさて、このレストランは、台中の勤美の14Fにあるのですが、人気があって、先日行ったときには、6時ごろの予約が出来ず、次は8時、その前だったら、4時半、と言われました。で、結局4時半過ぎにいったんです(早すぎ?笑)。
写真は、おしゃべりに夢中になって、1枚しかとっていませんでした。この富貴蝦球も美味しかったですが、大唐海皇羹という海鮮スープも具沢山で美味しかったです。飲茶も食べられます。




大唐盛世
http://www.edatang.com/index.html
[PR]
by naotw15 | 2010-05-26 00:14 | -台中市
line

8年目の台湾暮らしの中から、あれこれ気ままに綴っているブログです


by naotw15
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31