台湾 日々の暮らしから

naotw15.exblog.jp ブログトップ

台湾唯一の風船工場と風船博物館

先週末に出かけた台湾気球博物館。
木造の古い元工場を保存して、気球博物館にしてしまったというもの。
実際稼動している工場の隣に併設されているのが驚きです。
見学は予約制。ほとんどがファミリーです。
f0161318_23182663.jpg

f0161318_23322395.jpg

ガイドさんが、昔の時代にどうやって風船を作ったか、機械を見せながら説明してくれます。
子どもたち、お姉さんの話に興味津々です。
f0161318_23212484.jpg

お話と展示は、台湾における風船の製造の歴史、原料、世界へ販売されるまで、などなど・・。
f0161318_23213999.jpg

いろいろな形の風船があるんですよね。
f0161318_23232719.jpg

風船を使って広告をしている会社、だそうです。
在台の方なら、知っている企業が沢山ありますね。
f0161318_23233825.jpg

DIYで、お姉さんに教えてもらい、自分たちで風船も作りました。
f0161318_23403020.jpg

そして、製造されている風船の直売店です。すごい種類です!
f0161318_23235786.jpg
f0161318_2324755.jpg
f0161318_23241999.jpg
f0161318_23243084.jpg

前回のタオル同様、これもかわいい、これはお友達に、、と選んでいるうちに、いろいろと買ってしまいました;;
値段も安く、ここでしか買えないような、珍しい風船が沢山あるのです~。
その日の夜は、夫は娘に「パパ、この風船膨らませて!次はこれ!」とせがまれて、大変そうでした(^-^;)。
お店には、風船に空気を入れる小さなグッズも売っていますので、それを買うことをお薦めします。。

ここは台中から車で30分以内。大型バスで観光客がひっきりなしにやってくる雲林のタオル工場に引き続き、観光と商売を上手く結びつけている台湾の産業を、また一つ発見しました。

昔は台湾にいくつもあった風船工場ですが、競争が厳しく、今ではもうここだけになってしまったそうです。
外には、各国に出荷前の風船の箱が山積みでした。
Made in Taiwan と書かれた、でも実は「中国製」っていう風船が各国に出回っていると言う話で、
そこで、対策として、箱に中華民国の国旗のシールを貼って、輸出するのだそうです。Made in Taiwan と偽造することはあっても、中国が、絶対に認めない「中華民国」のシールを貼って出荷することはないですものね。

どの産業も、中国との戦いですね。

<台湾氣球博物館>
台中県神岡郷岸裡村大豊路2号
電話04-2523-4126
http://www.balloonmuseum.com.tw
[PR]
by naotw15 | 2010-06-03 23:03 | -台中県
line

8年目の台湾暮らしの中から、あれこれ気ままに綴っているブログです


by naotw15
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30