台湾 日々の暮らしから

naotw15.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:-苗栗県( 4 )

苗栗にて陶芸体験

1週間前のことになってしまいました。先週末出かけた苗栗の“春田窯”の話を続けてUPします。
そこでは先生がついて、子どもたちに陶芸を教えてくれるという体験コーナーがありました。
f0161318_0203091.gif

粘土遊びは子どもの大好きな遊びの一つですが、ろくろの上に置いて回しながら形を作って、陶芸作品を作る・・なんていうのは娘にとっては今回が初めてでした。先生が、まず見本を見せてくれて、その後は子どもたちのそばについて、手をとりながら、教えてくれました。
作るのは、お茶碗、花瓶、何でもいいですよ、といわれ、しばし私と娘で考えたあと、プランターを作ることに。丁度その前の週にお花の鉢植えを買ったばかりだったので、それを入れるプランターをどこかに買いに行こうと思っていたところだったので、ちょうどよかった!とほぼ私の希望で決定(笑)。でも、出来あがって送ってくれるまでは2-3週間ぐらいかかるということ~。さて、どんな風に仕上がってくるでしょうか、楽しみです。
f0161318_0213591.gif

f0161318_7533492.gif作品に自分たちで名前も彫りました。娘のお友達は、漢字で名前を書いていました。台湾の幼稚園児は、年中、年長さんともなると、自分の名前を漢字で書いている子が結構います。うちの娘には、練習させたこともないのですが^-^;

それにしても、創作、というのは、子どもにとって、とても楽しいことですよね。大人にとっても、きっとそういうものなんだろうと思います。私は陶芸未体験なので、今度は自分が陶芸の楽しさ、というのものを体験したいな、と思いました。

そう、旭川には、嵐山という場所に陶芸の里と言ういいところがあります↓陶芸は次回帰省した際に、旭川でTRYできればと思います!・http://www2.odn.ne.jp/sousou/Arashiyama/Arashiyama%202nd.html
[PR]
by naotw15 | 2010-04-19 00:30 | -苗栗県

4分咲きの油桐花と一青窈さんのCM

土曜日に苗栗まで遊びに行ってきました。
台中に住んでいる道産子友Sちゃんが、苗栗に陶芸とお食事ができる場所があって、面白かったよ~、と言って名刺をくれたので、それを頼りに、友人家族とレッツゴー。

苗栗は台中とも近いので、割と気軽に遊びに出かけられる場所です。客家料理も食べられるし、いろいろな観光スポットがあって、とても楽しい県です。

ついたのは、こちら、春田窯(↓)。
f0161318_13112282.gif


お食事の前に、庭で子どもたちを遊ばせました。
油桐花の木。
f0161318_13161676.gif

まだ4分咲きとのこと。
f0161318_13163852.gif

満開になれば、山全体が白い色になり、道は白いジュータンが敷き詰められたようになります。

2004年だと思いますが、一青窈 さんが台湾キリンビールのCMに出演しました。
このCMの最初に映し出された満開の白い花が、油桐花です。

このCMでは、台湾民謡の‘望春風’を歌っています(台湾語)。美しいメロディーです。
良かったら聞いてみてください↓

一青窈 - 台湾麒麟麦酒 KIRIN一番搾 「青春一番搾」篇


これは、当時台湾キリンビール総経理だった大学の先輩が関与して製作したものだったので、余計に記憶に残っているCMで・・・youtubeで探してみたら、ありました!
私もそのころはまだ台北にいて、子どもも生まれていなかったので、月に一度先輩たちから台湾での仕事のお話や駐台暮らしのあれこれを聞かせてもらう機会がありました。だいたい皆さん、ゴルフをなさっていて、ゴルフ話も多かったのですが^-^*

印象的だったのが、知り合った駐台ビジネスマンの皆さんは、概ね、台湾が好きになって帰国されていたことです。台湾と、日本の親密さは、ビジネスを通じ、そこで接触しあう人と人を通じて、常に深く保たれていることに気づかされました。異国に住んだら、早く日本に帰りたい!と思うケースも多々あると思うのですが、台湾に住んだら、台湾が好きになってしまって、できればまだここにいたい、、、と思う場合があるようで、そんな声を聞くことが多かったです。

話が脱線したので、陶芸は次回UPします。
[PR]
by naotw15 | 2010-04-13 12:43 | -苗栗県

台湾の平和な休日 飛牛牧場にて

1月31日は、こちらにも行ってきました。
その名も、“飛牛牧場”
f0161318_15485214.jpg
今年は丑年なので、特に人気のわたしたち。
f0161318_15414499.jpg
おしりを向けて失礼します。
f0161318_15515895.jpg
お正月休みともあって、すごい人の数だったのですが、
f0161318_15522141.jpg
何と言ってもものすごく広くて・・・・・・
f0161318_15541273.jpg
人の多さは全く気になりませんでした。
牛ものんび~りしています。
f0161318_15542866.jpg
凧揚げもできるし・・・
f0161318_1625010.jpg
定番の、ソフトクリームも
f0161318_164276.jpg
“飛牛レストラン”なるものもあり・・・・。
f0161318_1663176.jpg
牛だけじゃなく、羊やウサギもいました。

ここでは子どもが喜びそうな体験活動も色々とできるようです。バーベキューをする場所や、キャンプ場、宿泊施設もあって、お友だち同士、何家族かでゆっくり遊びに来たら、いっそう楽しめる場所だと思いました。お弁当や飲み物持参で、ピクニック気分というのもよさそうです。
パンフレットには、“飛牛牧場 自然、健康、歓楽 since1975”とありました。ずいぶん前からあるのですね。

飛牛牧場:http://www.flyingcow.com.tw/
[PR]
by naotw15 | 2009-02-11 15:40 | -苗栗県

トマトを採りに苗栗まで。楽しく美味しい有機農園。

1月29日、苗栗県の続きです~。
この日は、苗栗の三義郷というところまで、トマトを採りに行ってきました。
台湾は有機農園というのが各地にあって、一般の人に開放しているところも少なくありません。“有機”というのが、ポイントで、人々の食に対する意識が、年々高くなってきていることを感じます。私たちがいった農園は、それほど広くなく、そこで採れた野菜(トマトが中心)を使ったお料理も食べられるところでした。ブロッコリー、カリフラワー、キャベツも育っていて、写真にはありませんが、きゅうりや茄子もなっていました。
f0161318_11454482.jpg
さて、トマトです。
f0161318_1157750.jpg

沢山ありました。娘も大張り切りで採りました ^-^。
f0161318_11582743.jpg
私たちが採ったトマトはこれ↓。お値段は、350元(約1050円)。(一斤80元)。
f0161318_1215557.jpg
入園料というものはありませんでしたので、安いですよね。
これはそのまま食べるよりも、卵との炒めものや、パスタなど、火を通すお料理に使ったほうが甘みが出て美味しかったです。
まだ冷蔵庫に残っています。わりと硬くて、かなり日持ちするトマトです。

トマトを採ったあとは、せっかくなので、この農園併設のお食事どころで“田園セット”なるものを頂きました。一人299元(約1000円)ということで、どんなものかなと思っていましたが・・・
f0161318_121663.jpg
f0161318_12162120.jpg

f0161318_12182831.jpg

次々とお料理が運ばれてきたので、ちょっとびっくり。
一番上・左の写真の右手前、パパイヤとパッションフルーツのサラダ美味しかったです。
真ん中、トマトの麺は、見た目がちょっとでしたが、味はよかったですよ。揚げたお魚にはトマトと玉ねぎのみじん切りを酢で味付けしたソースがかかっていて美味。お肉もスープも美味しかったです。そして、採れたてトマトのサラダと、トマトのジュース。
ジュースは酸味と甘みが絶妙で、今まで飲んだことのない美味しさ!私のは娘が殆ど飲んでしまいましたが ^-^。
f0161318_12244124.jpg
お料理を一生懸命運んでいてくれていたのは、この兄弟でした。春節の時期だったので、お店には人も多く、小さな男の子も、お皿を運んだり片付けたり頑張っていました。真ん中の人はお母さんかと思ったら、おばさんだそうです。きっとお母さんは、厨房でお料理をせっせと作っていたのでしょう。お父さんは、野菜を収穫していました。
家族経営の楽しくて美味しい農園は、こちら ↓です。

笠園有機農園
苗栗県三義郷鯉魚潭村聖王崎下18-1号
電話:037-881688

ここからは、走る列車も見ることができました。
f0161318_1232428.jpg

[PR]
by naotw15 | 2009-02-06 12:46 | -苗栗県
line

8年目の台湾暮らしの中から、あれこれ気ままに綴っているブログです


by naotw15
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30