台湾 日々の暮らしから

naotw15.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:台湾のニュース( 18 )

台湾で言論の自由は守られていくか

東京新聞台北支局の栗田秀之支局長が、
4月28日に <台北 強い遺志引き継いで> という題のコラムを書かれています。
以下冒頭部分を少し抜粋します。

国民党独裁下で台湾の独立と民主化を訴え、当局による身柄拘束を潔しとせずに焼身自殺した言論人、鄭南榕氏。功績を顕彰する鄭南榕基金会は台北市内の閑静な住宅街に事務所がある・・・・続きはこちら→

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ちょうど私は、前駐日台湾大使夫人の盧千恵氏の本“私の中のよき日本”を読み返していたところで、その120Pに、この鄭南榕氏のことを“ある言論人の壮絶な死”という章で書かれています。
f0161318_16425864.gif
-1987年7月には、1949年から40年近く続いた戒厳令がようやく解除され、1988年には蒋経国が死んで、台湾人の李登輝さんが総統になると、民主化にはずみがつきました。けれどもこのあと、大変痛ましい事件が起きました。・・・・「台湾共和国憲法草案」を掲載した『自由時代』(鄭南榕氏編集の雑誌)は爆発的に売れましたが、鄭南榕さんは翌年1月に検察庁から叛乱罪で告発されました。警察は出頭を命じましたが、彼は、“死んでもいかない、なぜ私が逮捕されなければならないのか。台湾には言論の自由があるはずだ”といって、雑誌社に立てこもりました。・・・・・・警察は鄭南榕さんを逮捕しようとしましたが、鄭さんは“生きた自分を捕まえることはできない”と言い、ガソリン入りの容器を用意して出版の仕事を続けました。・・・・・4月7日、強行突破で侵入しようとして逮捕しようとした警察の目の前で、鄭南榕さんは焼身自殺をしました。・・・・壮絶で痛ましい最期でしたが、台湾で言論の自由が得られたのは、この事件が大きかったのです。―

1980年代後半と言えば、私は高校生の青春真っ只中の頃ですが、その時代に、台湾にはまだ言論の自由がなかったのです。
“その後、李登輝さんは在任中に政治犯の減刑や釈放を行い、1992年5月には刑法百条(内乱罪)を改正して、以後、言論の自由が確保され、ブラックリストも事実上、解除されたのです(p124)”。

台湾人の李登輝氏、民進党の8年間の執政を経て、台湾の自由と民主化は徐々に深化していったのだと思います。ただ残念に思うのは、2008年の政権交代後、進んできた民主化の時計の針が少しずつ逆戻りしているような気がする、と言う台湾人が少なくないことです。実際、国境なき記者団が毎年発表している“世界報道自由度ランキング”によると、台湾は2007年32位、2008年36位から、2009年にはいっきに59位までランクを下げています。(2009年日本は17位、中国は168位)。

台湾の日常の賑やかさ、台湾人の明るさ、バイタリティは表面的には何も変わっていないわけですが、政治の面でのここ2年ほどの動きは、中国への傾斜が進み、危うい状況に陥っていると感じます。台湾人、人それぞれ、主義主張はあるわけですが、基本的な人権や、言論の自由というものは、台湾がこの数十年間様々な犠牲の上に手にした尊いものです。決して失うことのないように・・・・との願いを持たずにはいられません。

その他の台北発コラム、下のWebからもいくつか読むことができます。
<世界の街から>http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/worldtown/index.html
他にも、世界各国発の記事が読めて興味深いです。
[PR]
by naotw15 | 2010-04-30 16:43 | 台湾のニュース

台湾・新型インフルエンザワクチン接種の予定表

新型インフルエンザの流行が広がっていて、とても心配ですよね。
台湾でも、今月から優先順位順にワクチンの接種が始まっています。
衛生署のHPに、優先順位と、開始日、接種場所の表が載っていました。↓
f0161318_035240.jpg

HP内に、詳しい情報が載っていますので、在台で、特にお子さんがいらっしゃる方はぜひ参考に見てみてください。
http://www.h1n1.gov.tw/mp170.htm
娘の場合(満1歳から小学校入学までの子ども)は、11月16日から接種開始になるようです。小学生も、同様のようです。

毎年季節性のインフルエンザワクチンも打っているのですが、今年はまだ接種していないので、2つのワクチンの接種スケジュールを考えなくてはと思っているところです。風邪などをひいていない体調の良いときでないとだめなので、子どもの健康管理をいっそうしっかりしなくてはだめですね(幼稚園では普通の風邪が流行中;;)。

健康な大人の接種開始は、来年3月が予定されているようです。普通のインフルエンザだと、流行が終わる時期ですが、この新型インフルエンザは、春になっても流行が終わらないのでしょうか。。
大人はワクチン接種がまだ先の話ということで、うがい手洗いはもちろんのこと、睡眠、栄養をしっかりとって生活することを、心がけなくちゃ。。。と思っていますが、長期戦だわ・・・・・・。
[PR]
by naotw15 | 2009-11-08 00:27 | 台湾のニュース

台湾の総統支持率の低下

先週末は台北に行ってきました。台北の街は何ら変わりありませんでしたが、会う人との話題といえば、やはり台風。それも、総統に対する不満、不満、不満。外国からの支援を断っていた事実も明らかになり、いくつかのアンケートでも8割以上が、総統は辞任すべき、と回答しています。そんな中、馬英九総統はアメリカのCNNのインタビューに答えて、全ての責任は自分が負う、としながらも、自分は辞任はするつもりはないと答え、・・punish the people who are responsible-と、責任者を処罰する、と言ったのです。何だか、矛盾しているな・・。まるで皇帝のようだ、と台湾の友人が言った言葉が耳に残ります。

f0161318_082798.gif

7月末に旅行をした台湾の南部と東部のうち、カキ氷の潮州も、屏東の海辺の街も、台東の池上の街も、もう平常どおりの生活が戻っていますよ、と教えてもらいました。
夏が終わる前に、そのときの写真をUPしていこうと、思うようになりました。
これから、ボチボチ、更新していきます。
[PR]
by naotw15 | 2009-08-18 23:18 | 台湾のニュース

台湾の台風被害 遅い救援活動

台湾の台風災害が日本でも大きく報道されているようですが、
日に日に被害の実態が明らかになるつれ、犠牲者数も行方不明者数も大きくなっています。

それにしても救援活動が遅すぎます。
日本でも報道されていますが-
<台湾>台風8号、土石流死者300人 馬政権への批判必至(毎日新聞)
台風被害の台湾 救援遅延で政権批判高まる(産経新聞)

水害で667人が死亡した1959年8月の台風よりも、今回の被害はこれを上回る可能性が大きい、というのに、今日になってやっと、軍隊20000人が災害現場に投入されたという遅さ(台湾の軍隊は20万)。台風発生から、もう明日で1週間になります。
産経の記事にもありますが、今週始めに災害現場に入った馬英九総統が、「災害は先ず地方が責任をもって救援活動を行い、中央はこれを支援する立場にある」と発言するのをTVでみて、“え?そんなのん気なこと言ってる場合じゃないんじゃないの??”とびっくりしたのですが、10年前の台湾大地震では、深夜の地震発生時、当時の李登輝総統はまだ就寝前で、地震の大きさから判断し、救済のため軍の発動を即座に決定し、明けた朝8時には総統自ら軍のトップと震源地の南投に現地入りした-・・・という迅速さに、全く及んでいないように思えます。

道路も寸断され、山の中で救済を待っている人たちは数千人とも言われています。
今回土砂崩れなどで多くの犠牲者が出ている地域は、原住民の人たちが多くすんでいるところです。
いつまでたってもやってこない救助のヘリコプターを待ちながら、亡くなった人が沢山いるのです。助かるはずの命が助からなかったということの重さ、この国の指導者はどう受け止めていくのでしょうか。

あと一つ、大地震の時には、翌日に、どこの国よりも早く、日本の災害救助部隊が台湾にかけつけ、建物に埋もれている人や、怪我をしている人たちの救助にあたってくれたのです。このことを、台湾の人たちは本当に感謝をしているのです。土の中に埋まっている人たちを見つけ出す技術、日本は十分持っているはずで、でも今のところ、日本からの救援のニュースは届いていません。また、台湾は災害にあった国があれば、常にその国へ援助を行っています。そういった台湾から援助を受けた国々から、今回の災害で支援が届きはじめている、という話もききません。
と、すると、もしかして、四川大地震の際に、最初日本の救援を断った中国のように、自分たちで助けるから大丈夫、と支援の申し出を政府は断ったのでは?という憶測も流れています。

自国の救助が遅々として進まぬ状況に苛立ち、頼りになる海外からの救援を断ったのでは・・という怒りが台湾国内ではうずまいています。
[PR]
by naotw15 | 2009-08-13 23:58 | 台湾のニュース

台湾の台風被害のこと ②

台中市内は月曜日から通常通りに仕事や学校が始まり、今日は青空まで見えて、いつもと変わらない日常生活が戻ってきました。変わったことといえば、昨日行ったスーパーで、牛乳が殆ど売り切れていたこと。野菜や果物はありましたが、南部の農家が壊滅的な被害を受けて、値段はこれから高くなっていくと報道されています。

とはいえ、野菜や果物の値段が高くなることなど、たいした問題ではありません。日にちが経つに連れて、死者、行方不明者が増えていっている状況で、北部や中部などに住む台湾の人たち、被害がまだ少ない地域に住む南部の人たちも、被災の様子に一様に心を痛め、国全体に沈痛な空気が流れています。
民間団体が、芸能人が、スポーツ選手が、一般の人々が、被災地に物資や義捐金を次々と送り始めています。慈済(仏教団体)のボランティア1万人以上も南部、東部の被災地域に赴いているとも報道されています。
1999年の台湾大震災から今年で10年になりますが、今回の台風災害が50年来最悪と言われているように、あの大地震に次ぐとも、匹敵するともいえるほどの大きな被害です。被災地域の復興にはかなりの時間がかかると思われます。

私も、南部、東部に旅行に行ってきたばかりでもあり、あの美しい景色が雨風に呑み込まれているのが映し出され、家をなくし、家族を失った人たちの涙をみていると、とてもつらく、昨夜は、夫と、私たちにできることは何だろうね、と話し合うことで、やっと少し気持ちが落ちつきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<追記>
台湾では「日本精神」という言葉が、正直、誠実、責任感、といういい意味で使われてきたのをご存知の人も多いと思います。私は台湾の人たちが災害に直面したときに、あっという間に全国から多大な義捐金が集まり、多くのボランティアの人たちがすぐに駆けつけ、被災者の救済や災害復興に汗水を流す姿を目にしてきて、苦難の時に互いに助け合おうとする素晴らしい「台湾精神」なるものを感じています。
[PR]
by naotw15 | 2009-08-11 23:19 | 台湾のニュース

台湾の台風被害

f0161318_1635144.jpg
台風はもう台湾を離れつつあるというのに、今日の台中は豪雨です。窓の外が全然みえないぐらいで、昨日よりも激しく降り続いています。TVでしか状況をうかがい知るしかないのですが、南部と東部はもっとひどいようで、台東の知本という有名な温泉地では、ホテルが倒壊しました。付近の商店街や道路は全て水に呑み込まれて姿も見えない状況のようです。
ニュースでは、昨日は屏東で2000mm以上の降水量を記録したようですが、これって、年間降水量レベルを超えていますよね?昨日思った以上に、今回の台風は大変な被害をもたらしているようです。台湾のフルーツも、南部、東部、花蓮と、のきなみだめになっています。私なんか育てたばかりのライチが強い雨風にあたっただけでも心配だったのに、時間をかけて育てた収穫間際の果物がだめになってしまうなんて、想像しただけでもつらくて大変なことだろうと・・。ちょうどこの間の旅行で、台東の太麻里というところにも行ってきたばかりですが、そこでは、顔を真っ黒にして収穫したばかりの釈迦頭を売る、おじさんおばさんと出会いました。本当においしい釈迦頭でした。太麻里も、豪雨で道が寸断されて大変な被害を受けています。台湾全体で現在死者と行方不明者もでていると報道されています。とにかく、人的被害が少なくてすむことを祈るしかありません。あとは、台風が去った後に、台湾の人たちが力を合わせて復興するしかないのですが・・。でも、今年、あと何回台風が来るのかと思うと・・・・台風との闘いは台湾の宿命ともいえますが、自然の猛威を前に、人間の無力さを感じずにいられません。早く、この雨が止みますように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<7月27日 台東太麻里の路上にて>
f0161318_16223170.gif

f0161318_16425019.gif

釈迦頭、全て落ちて水に流されてしまったのでしょうね・・
[PR]
by naotw15 | 2009-08-09 16:30 | 台湾のニュース

台風「莫拉克」 通過中

台風が台湾を直撃しています。
f0161318_1610203.gif

今回の台風、日本では台風8号ですが、台湾では「莫拉克」台風と名前がついています。
昨夜から大荒れで、昨晩の時点で、今日の仕事や学校はお休みと決まりました。
今も外は風がうねり声をあげています。台中の雨の量はそうでもないのですが、北部の雨量は相当のようです。大きな被害がでないといいのですが・・・。
速度が遅いようなので、明日も外出できそうにありません。
[PR]
by naotw15 | 2009-08-07 15:25 | 台湾のニュース

昨日のチベット、今日のウイグル、明日の・・・

新疆ウイグル自治区での衝突のニュースを、他人事ではないと考えている台湾人は少なくありません。昨夜から私も、このニュースを見聞きするにつけ、暗い気持ちでいます。
f0161318_23494482.gif
・・・・・ ↑今日のテレビ番組・・・・・・・・・

台湾の過去を振り返ると、戦後、1947年の228事件とその後の白色テロによって、3万人近い台湾人が中国からやってきた国民党政府によって虐殺された、という悲惨な歴史をもっています。日本統治時代のエリートたちも、無実の罪で、多くが犠牲となりました。
台北の228紀念館というところに行けば、連行され、死刑となる前に書かれた彼らの遺書なども読むことが出来ます。日本の大学で学び、夢を持って台湾に戻ったにも関わらず、様々な理由をつけられて殺されていった人たちの無念は、想像するに余りあります。家族に宛てた遺書は、とてもきれいな日本語で書かれていて、今の台湾の人たちは読むことが出来ないけれど、私たち日本人は読むことができるという・・・・・・本当に、台湾の歴史が日本とともにあったということを、思い知らされる場所なのです。でも、日本は戦後の台湾の人たちの苦しみや悲しみにずっと無関心でしたよね・・・。そんなことを思うと、日本人として心の痛みを覚える場所でもあります。

暗く長い独裁政権の後、初めての台湾人総統となった李登輝氏の時代、そしてその後8年間の民進党政権を経て、1歩1歩台湾の自由と民主主義は深化してきました。でも、昨年からのたった1年で、長い時間をかけて、多くの台湾人の血と涙のもとに築き上げ、手にしてきた自由や民主主義という大切なものを、いとも簡単に手放そうとしているように思えるのです(悲)。(いえ、台湾の人たちは、手放すつもりなんかないんですけど、手放させられる方向に、いつの間にかいっているというのが正確・・)。

台湾の街並みも、人々の明るさも、食べ物の美味しさも、自然の美しさも、何一つ変わっていないのに・・・・・・・でも着実に、間違った方向に、磁石にひきつけられるように、金美齢氏のいうように、「中国というブラックホールに呑み込まれていく」・・・のが今の台湾なのだと思います。・・・どうしてこうなってしまったんでしょうね(悲)。

ところで、初めての政権交代となった、9年前(2000年)の総統選挙後、台湾人文筆家の黄文雄氏が「台湾の民主主義は、これから数十年かけて完全なものになっていく」というようなことを言っていたのが印象的でした。でも、確かに、制度としてはまだまだ完璧ではなく、道半ばのところであったとしても、すでに台湾人は、自由と民主主義が何たるかを知っている人たちなんです。

なので、もし将来、中国と一緒になるようなことがあったら、台湾の人たち、我慢できないですよ、絶対に。もちろん、中国にビジネスに行っている人もたくさんいますし、染まって行く人もたくさんいるでしょうけど、台湾に住んでいる普通の人たちは、我慢できない人、大多数だと思います(力説)。

そうなると、台湾人による抗議のデモ、それに対する武力鎮圧・・・・というのが、一番最悪のシナリオです。

「昨日のチベット、今日の新彊、明日の台湾・・・・」。
恐ろしい言葉です。

f0161318_128194.gif
 ↑こういう女性も、バシバシ政府批判や政治を語れるのが台湾です。どちらの政党を支持するかに関わらず、こういう当たり前の自由が、当たり前に出来る社会であり続けて欲しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なぜ新疆ウイグル自治区での「暴動」なのか――ウイグル人の日本への熱い視線
ウィグルでの悲劇を、もっと知らなくてはいけないですね・・。
[PR]
by naotw15 | 2009-07-08 23:59 | 台湾のニュース

台湾でも感染者が増加

今日夕方台湾で2例目の新型インフルエンザ感染者が確認されました。
アメリカから帰国した台湾の女性だそうで、現在桃園医院にて隔離治療を受けており、接触者について追跡調査をしているということです。(3例目も確認という情報も)。
台湾は九州ほどの大きさしかないので、感染の拡大が心配です・・。

ところで今日はレストランの庭先でプルメリアを見つけました。
f0161318_23129100.gif

こうやってみるとソフトクリームみたい~。
f0161318_23125816.gif
とってもいい香りがしました!
[PR]
by naotw15 | 2009-05-21 23:10 | 台湾のニュース

新型インフルエンザ 台湾はまだ大丈夫、でも・・・・・。

台中はここ1週間で随分夏めいてきました。冷房はまだ必要ないですが、日中はもう長袖の洋服の出番がなくなりました。でも朝夕はまだ風もあって涼しいです。いい気候です。

最近、午後から夕方になると、外でセミがミンミン鳴いていることに気がつきました。
昨日は網戸に一匹止まっていました。娘に見せたくて、娘が帰宅するまでこのままで居てね~とセミさんに頼んで迎えに出かけて、戻るとちゃんとまだそこに居ました(・・エライぞセミ君!)^-^。おかげで娘、帰宅早々近くでジーっとセミを観察。(セミって種類が多いようですが、あれって何ゼミなんだろうなぁ・・。)
夕ご飯を食べている間にどこかへ飛んでいってしまい、娘は残念がりましたが、又遊びにくるよー、と私。これで食卓に切ったスイカなんかがあれば、何だか夏休みの一コマみたいだなぁなんて思ってしまいました。

ところで、この1週間、新型インフルエンザが日本でもあっという間に広がってしまいましたね・・。ウィルスの毒性が弱いとはいえ、得体の知れないものが知らない間に身体に入って、咳が出たり高熱が出たり、っていうのは、実際罹った人にとっては大変な恐怖感であろうと思います。これがもし、SARSのような毒性の強いものであったら、今頃間違いなくパニックですよね・・。今のところ、病原性が季節性インフルエンザと変わらないものであるということは、不幸中の幸いと言えるかもしれません。

それにしても、台湾で見ていて、日本政府の対応の迅速さ、きめ細かさ、国民に対する情報提供の仕方などが素晴らしいと思いました。とても台湾は及ばないと感じました。今後万が一もっと恐ろしい病気が発生したとしても、日本は必ずこの経験をいかしていくことでしょう。やっぱり頼もしいです、ニッポンという国は。

で、台湾は今のところ新型インフルエンザの感染者は確認されていないのですが、何だか政府を見ていると頼りない・・・ですよ、非常に・・。SARSの経験、いかすことできるのでしょうか。不安に思えてきました。そもそも、感染の拡大を防ぐために、高熱や咳が出たら、まずどうするか、という国民への周知、うまくできていません。
たぶん、高熱や咳が出たら、みんなまっすぐ普通に最寄の診療所や病院へ行くことでしょう。
そうしたら、感染拡大のスピードは日本よりもきっと速くなってしまうはず・・・。
マスクだって、きちんとしていくかどうかわからないし・・・。

台湾は日本よりも人口が少ないのに、大事な情報を国民全体が共有するということが、本当に難しい国だと感じます。だいたい、国民の大部分が見るNHKみたいなニュース番組はなくて、家庭によってつけるチャンネルはバラバラ。皆が皆新聞をとっているわけでもありません(新聞も質のいいものは1紙ぐらい)。

ウィルスの毒性が弱いとはいえ、誰だって、高熱や咳で苦しむのは辛いです。例えば妊婦さんだったら、どんな薬だって飲みたくないはず。台湾で今後感染者が見つかるようなことになれば、感染が広がっていかないよう、政府は今のうちに国民に対して効果的かつ正しい情報提供に全力を注ぐ必要があるのでは・・。でなければ、SARSの辛い経験も無駄になってしまうと思うのです。

・・・それにしても、北京で感染者が見つかったということなのに、中国の感染確認者数、少ないですよね??感染広がっていないのでしょうか。台湾と中国は毎日人の行き来が多いので、今後用心しなくてはいけないはずで(現政府は中国に対するガードが何につけても甘すぎるから要注意!)。日本への団体旅行が随分キャンセルされているようですが、中国への渡航、中国人観光客の来台も、今後台湾にとって大きな不安材料になっていくのではと懸念しています025.gif
[PR]
by naotw15 | 2009-05-19 15:52 | 台湾のニュース
line

8年目の台湾暮らしの中から、あれこれ気ままに綴っているブログです


by naotw15
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30