台湾 日々の暮らしから

naotw15.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:台湾で発見・日本の食べ物( 5 )

東川町のお米・ほしのゆめのキャンペーン☆

先月台中で販売されている北海道東川町産のお米「ほしのゆめ」のことを書きましたが、先週末、その販売イベントが裕毛屋 凱福登生鮮超市でありました。我がふるさとAsahikawaのお隣町から、遠く台中にまでいらっしゃると聞いて、こりゃぁ伺わないわけにはいきませんヮ~!!ということで、夫と娘を伴って、行ってまいりました。
  これ↓が、現在販売中の「ほしのゆめ」です。
f0161318_14371135.gif

お店の目立つところに、特設コーナーが設けられていて、東川町や旭川市、そしてさらに遠く白糠町からいらっしゃった皆さまが、キャンペーンを行っている最中でした。
f0161318_14354262.gif

何と、このお米(1.5キロ380元)を買うと、平成の名水100選に選ばれたいう「旭岳源水」がプレゼントされるほか、写真の町・東川町の美しいポストカード集「東川百景」などもいただけるという、何とも素敵な企画。そして更に幸運な方には、抽選でこの(↓)、郵便局のふるさと小包セットのような美味しい詰め合わせが当たる、というでは!
f0161318_1437533.gif

私も、はっぴを着てお手伝いしたい衝動に駆られましたが、どう見ても買い物客。
でも近くに来るお客さんをちょっと掴まえて、「このお米おいしいんですよっ!!」「北海道のお米食べたことありますか?」とか、言わずに(聞かずに)いられませんでした(笑)。
f0161318_1436689.gif

で、この子供連れのお母さん、「子どもが、おいしいお米を食べたいというから買いにきたところなのよ」といって、1袋お買い上げ。
ありがとうございま~すemoticon-0102-bigsmile.gif
f0161318_14362396.gif

この方もお買い上げ
f0161318_14365110.gif

この方もお買い上げ
f0161318_15235094.gif

・・・ということで、大好評emoticon-0105-wink.gif

そうこうしているうちに、もうお昼近くになったということで、お店もお弁当を買いに来る人たちでも混雑してきました。

そのときに、お客さんにふるまわれたのが、ほしのゆめの一口サイズおにぎりです。
何と豪華にも北海道のシャケいり!

忙しく作られているところを、ちょっとカメラのほうを向いていただきました。
f0161318_14424546.gif

とてもおいしかったですョ-!ごちそうさまでした。
きっと、試食した台湾の方たちに、ほしのゆめの美味しさがわかって頂けたのではないかなと思います。

そして、このお店では北海道の魚介類も販売されていますので、ぜひ、お魚も味わってほしいなぁと思いました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

遠く北海道からいらっしゃった皆さまお疲れ様でした!
これからも、北海道と台湾の食の交流が盛んになっていくことを願っています^-^*

【関連記事】
台中に届いている 北海道東川町のお米・「ほしのゆめ」(2009.6.4)
台中の高級スーパー(2009.1.10)
[PR]
by naotw15 | 2009-07-02 14:43 | 台湾で発見・日本の食べ物

赤坂ラーメンin台中

台湾人のお友達に誘われて、赤坂ラーメンに行ってきました。
台湾でも有名な日本の番組・テレビチャンピオンで優勝したというのが売りになっているようなのですが、もう何年も前に台湾に進出しているようです。知りませんでした。

f0161318_1725275.gif友人は、私が以前、“看板に日式(日本式)とあっても、台湾風にアレンジしているお料理が多いのよねー”と言ったのを気にしていたらしく(?)、食べている間、“どう、どう、おいしいでしょ?口にあうかな?”と気になっている様子^-^;。

で、おいしかったです。とんこつ味。どちらかといえば、しょうゆラーメンで育った私としては、とんこつの美味しさの基準ってよくわからなかったりするのですが、台湾風日式でないことは確か。麺にコシもあったし、スープにこくもありました。

f0161318_17304050.gif別注文で頼んだのがこの味つき卵。ちょっと甘みがあって、中がとろりとしていて、美味しかったです。お店は、夕食時で、結構繁盛していました。台湾の人は、麺類好きですよね。
[PR]
by naotw15 | 2009-06-25 16:02 | 台湾で発見・日本の食べ物

台中に届いている 北海道東川町のお米・「ほしのゆめ」

今日の台中は大雨でしたemoticon-0156-rain.gif

今日の、地元北海道新聞の記事に、
「東川町農協初輸出の「ほしのゆめ」 台湾で好評1カ月で再注文
価格や品質 高い評価 26日から現地でPR」

という記事があったよ-と母がメールで教えてくれました。

-東川町農協が今春、台湾の食品スーパーに初めて輸出した町産米・ほしのゆめの販売が好調だ。品質の良さや手ごろな価格が受け、第一便の輸出から約一カ月で再注文が入り、9日にも新たに10トンを輸出。26日からは、同農協職員らが台湾の店頭で試食販売などのキャンペーンも行う。
 台湾で町産米を販売しているのは、台中市の食品スーパー。新潟産コシヒカリなど日本食材を多く扱っており、同農協と現地のスーパー・グループが契約を結び、ほしのゆめ1・5キロと3・5キロの袋詰め計12トンを4月下旬に輸入した・・・―(同新聞記事より)。

台中市のスーパーというのは、以前ブログで紹介した、裕毛屋 凱福登生鮮超市のことです。丁度、数日前にお店に行ったとき、このお米をブログで紹介しようと思って写真を撮ってきたばかりでした↓「日本北海道東川米」♪
f0161318_22465569.gif

お店で、3.5キロ888元(約2600円)で売られています。
(台湾の有機米は大体1キロ120元なので、2倍以上の値段です)

このスーパーで売っているお弁当やおすしには、この東川米が使われているんですね。
このスーパーのお弁当、写真にもありますが、これでだいたい日本円で300円といったところ。種類が多くて、食事時になるとお弁当を買い求めている人が沢山いるのですが、それに北海道のお米を使っているというのはとても贅沢なことですネー emoticon-0105-wink.gif
お弁当で食べて美味しさを知ってもらい、実際のお米の購買につなげる、ということでしょうか。台中は富裕層も多いので、「来年度には目標の年間百トン」という農協の人の話も実現するかもしれないですね。

それにしても、食の交流は、お米に限らずこれから益々盛んになっていくと感じます。多少高くても、安全で美味しい日本のものを食べたい、というニーズは少なくなることはないと思います。私としては、富裕層に限らず、できるだけ沢山の台湾の人たちに、日本、北海道の産品を食べてみて欲しいと思うのですが、でも実際のところは値が張るので、高級スーパーで販売、という形になっている状況です。

最近は中国からの野菜や果物の輸入量が大変な延びとなっているようなので、比較的生活に余裕のある人たちは、日本の安全な食物や台湾の有機野菜などを選んで購入し、この不況下、なかなか暮らしに余裕を持つことのできない人々は、安い中国産のもの(そうとは知らずに)を毎日口にする・・・・そういった二極化の構造、食の格差というようなものが次第に顕著になっていくようにも思えます。

何れにしても、安全を売りにした日本のものが入ってくることは、台湾の生産者にいい刺激を与え、負けずに安心なものを作ろうとする雰囲気を作り出すのに寄与しています。そして一方で、日本の生産者は、自分たちの作ったものが海外で受け入れられるということで、自信を持つことができる、という利点があります。こういったいい循環が存在していることは素晴らしいことですよね。台湾と日本は、互いにプラス方向の影響を与え合う、いい関係であることを、つくづく感じさせられます。
[PR]
by naotw15 | 2009-06-04 23:07 | 台湾で発見・日本の食べ物

台湾人の大好きな青森りんご

日本のりんごの美味しさは、台湾人なら誰でも知るところ。
市場でも、日本のりんごは他の国のりんごの数倍の値段で売られていますが、高くても食べてみたい、と思わせる魅力がある日本の果物です。
先日、台湾人の知人から青森のりんごをおすそわけいただきました。
f0161318_13582786.jpg

中は蜜が一杯で、本当に美味しかったですよ。りんごの王様という風格たっぷり・・・・これからの季節、贈り物としても喜ばれるのでしょうけれど、写真のように、大切に何重にもくるまれて、はるばる台湾までやってきたのだと思うと、何だかいとしくなっちゃいますね(笑)。

最近は、新聞、TVでも青森りんごはよく宣伝されているんですよ。
例えば、台湾で一番読まれている新聞、自由時報の1面半分を使っての広告↓
f0161318_1443491.jpg


そして、TVのCMまで!
f0161318_145698.jpg
f0161318_1452184.jpg
f0161318_1453677.jpg
f0161318_1455486.jpg

生産者のりんごに対する愛情が伝わってくるとても素敵なCMでした。
このCMは、社団法人青森りんご対策協議会、によるもののようです。
ホームページもあるようで、その中に中国語版のページもありました。
http://www.aomori-ringo.or.jp/

広告の効果もあって、今年の冬は今以上に青森産のりんごが売れるかもしれないですね!
[PR]
by naotw15 | 2008-12-26 13:10 | 台湾で発見・日本の食べ物

とんかつのお店 勝博殿(さぼてん)

f0161318_115343100.jpg

台北の三越に数年前から出店している、とんかつの“さぼてん”。
三越にでかけた時には、夫のリクエストによってかなり高い確率で行っていたお店なのですが、その“勝博殿(さぼてん)”が台中三越にも先日オープンしました。

f0161318_12524.jpg

<“「さぼてん」は、1966年東京・西新宿に誕生した日本最大のトンカツチェーンです”という日本語の説明、見えますか(お店外)↑>

お寿司、すき焼き、ラーメンと、日本食には事欠かない台湾。
台湾の若者であれば、どれも一通り食べたことがあるのではと思いますが、、、とんかつ、はどうでしょうね、丁度先日、“とんかつ?昔オーストラリアで食べたことがあるけど”と、何だかユニークなことを言う台湾人の友人夫婦が居たので、一緒に出かけてきました。

お店は随分人気があるようで、この日は長蛇の列。
若い男の子数人組みが、お店の外で、待ちながら看板やらショーウィンドウのトンカツサンプル(?)を一眼レフで写真を撮っていました(ブログにでも載せるのかしら?と思ったりして)。

さてさて、かな~り待って、やっと揚げたてのとんかつを口にした友人。
・・・“美味しい!!”と2人とも口を揃えていうものだから、心の中でVサインしたわたし。日本食、万歳(笑)。
食べ終わって、“今度は母と一緒に来よう”、と奥さんに言うご主人。
本当に台湾の人って親孝行。

さてさて、元々キャベツなどは余り生で食べる習慣がない台湾ですが、周りのお客さんたちは、キャベツの千切りをモリモリ食べていました。食習慣も、こうやって変わっていくのかもしれないですね。

ちなみにここも、店員さんの、“いらっしゃいませー”“ありがとうございますー”という日本語が元気に響くお店です。
[PR]
by naotw15 | 2008-12-05 11:30 | 台湾で発見・日本の食べ物
line

8年目の台湾暮らしの中から、あれこれ気ままに綴っているブログです


by naotw15
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31