台湾 日々の暮らしから

naotw15.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

台湾気球博物館とiPadを購入した台湾人パパさんの話

f0161318_22433275.jpg

今週末は天気の冴えない台中でした。
今日は娘の幼稚園の同級生の6家族と、台湾気球博物館に行ってきました。
この博物館、実際の風船工場の横に併設されているもので、以前行った雲林のタオル工場(ケーキタオル)を思い出しました。週末ともあって、沢山の親子連れで溢れかえっていました。団体のみで、完全予約制です。写真を整理してから、またUPしようと思いますが、それにしても、子どもって風船が本当に好きなんですよね。いろいろな形の風船があり、子どもたちは大喜び。大人は大人で、大勢集まって、賑やかで楽しい一日でした。

そう、お昼を一緒に食べていたときに、最近日本でも発売されたiPadの話題になりました。
お友達のお父さんが、数週間前にもう買ったよ!というのでびっくり。
台湾ではまだ発売はされていないからです。
聞いてみると、わざわざアメリカから取り寄せたのだとか。20000元(6万円弱)ちょっとだったそうです。
Wi-Fi16Gのタイプで、日本では48800円のもののようなので、さすがに少々割り高ですが、欲しい人にとっては、それぐらいの金額を負担してでも手に入れたいのでしょうねぇ。実物を、ぜひ見てみたかったです。

我が家にも、いつかiPadがやってくる日が来るでしょうか~?
なーんてことを考えながら、家に帰ってきてから、ちょっと我が家のMac製品を並べてみました(笑)。夫のものと、私のものとあります。最初に買ったのは、夫の真ん中の白いiPod Classic。2007年のものです。
コレクションをしているわけではないのですが、音楽が好きな人にとっては、何というかこのシリーズは生活に彩を添えてくれるものなのかなぁ・・と思っています。音楽だけではなくて、Podcastでは色々な番組、語学、娯楽まで楽しめて、iTunes Uを使えば、英語の学習にも役立つコンテンツを無料で聞くことができます。本当に、もう国境も何もなくて、いろいろなことが、自宅にいながら学べて、それをどこにでも持ち運んでいける・・・っていう・・・・・。世の中の進歩って本当にすごいものです。子どもが大きくなる頃には、どんな世界が広がっているんでしょうか。
子どもが大きくなる頃にも、世の中の進歩についていけるでしょうか??

f0161318_2315966.jpg

[PR]
by naotw15 | 2010-05-31 00:07 | 日々のつれづれ

台湾・愛文マンゴーの季節到来!

f0161318_23305984.jpg

マンゴーの季節になりました!
今日は近所のスーパーで、愛文マンゴー(アップルマンゴー)が特売^-^
そんなに大きいものではなかったのですが、何と、1斤39元。量ってもらうと、5個で99元(日本円300円弱)でした(驚)。
今日は、土マンゴーは1斤45元、金煌芒果は1斤30元でした。
3つ種類があれば、もちろん愛文マンゴーに手が伸びます。食べましたが甘くて美味しかったです。台湾に住んでいる幸せを感じるひと時。。。

愛文マンゴーよりも、土マンゴーが高いのは、少し意外な気がしますが、先週フルーツやさんで撮った写真を見返してみると、そこでは土マンゴーは1斤79元、と写っています(下写真)。そのとき、愛文マンゴーが1斤いくらであったか確認していませんが、愛文マンゴーが、多くの人に愛されるようになって量産されてきたため、価格も下がり気味、それに反して、昔からある種類の土マンゴーは、生産が少なくなってきているので、価格が安くならないという話を聞きました。一番人気の愛文マンゴーですが、年配の方の中には、やはり昔から食べなれている土マンゴーが一番おいしい、と言う人もいます。

マンゴーが食べられるこの黄金の季節^-^、色々と食べ比べ、してみるのもいいですよね。季節になると値段も下がってくるので、贅沢にマンゴージュースなどもいいかと思います。

f0161318_075483.jpg


<関連記事:さすがにマンゴーのことは、毎年書いていますね(笑)>
愛文マンゴー(アップルマンゴー) 2009.6.21
小さいけれど甘い“土マンゴー” 2009.5.24
マンゴー 2008.7.9
[PR]
by naotw15 | 2010-05-29 23:03 | 台湾フルーツ

台中 毛筆がぶら下がるレストラン

f0161318_0242152.jpg

上のレストラン、天井からぶら下がっているもの、何だかわかりますか?
なんと、天井一面が、毛筆、なんです。
びっくりしました。落ちても痛くないから大丈夫!?・・・と思いますが、この発想には驚きました。

先日高雄から友人が遊びに来て言うには、「台中のレストランは、やっぱりおしゃれで、楽しい!」んだそうです。
確かに、台湾の他の場所と比べて、台中のレストランの内装は、凝っているところがとても多いです。台北にも美味しいレストランは沢山ありますが、店作りに関しては、台中のお店にかなわない!のではないでしょうか。料理は器で食べるもの、とよく言いますけど、台中の人たちは、食べる場所全体を器に見立てているかのようです。お店の雰囲気も食を演出する要素として、とーっても大事にしているんですよね~。

f0161318_0284372.jpgさて、このレストランは、台中の勤美の14Fにあるのですが、人気があって、先日行ったときには、6時ごろの予約が出来ず、次は8時、その前だったら、4時半、と言われました。で、結局4時半過ぎにいったんです(早すぎ?笑)。
写真は、おしゃべりに夢中になって、1枚しかとっていませんでした。この富貴蝦球も美味しかったですが、大唐海皇羹という海鮮スープも具沢山で美味しかったです。飲茶も食べられます。




大唐盛世
http://www.edatang.com/index.html
[PR]
by naotw15 | 2010-05-26 00:14 | -台中市

台湾初!『北海道本フェア』-地元の人気本が台湾初登場-

台湾(台北、高雄)で、北海道本フェアが開かれます♪
主催者の方から頂いたご案内、紹介させていただきます(↓)。

f0161318_2351029.jpg


■紀伊国屋書店台北微風店: 6/11 (金) ~ 7/11 (日)
■紀伊国屋書店台北天母店: 7/16 (金) ~ 8/15 (日)
■紀伊国屋書店高雄漢神巨蛋店: 8/20 (金) ~ 9/19 (日)

商品をお買い上げの方先着90名様には、小樽のミニ・ガイド『うみスロウ』(定価¥300)と入浴剤をプレゼント!
今回のフェアでは北海道の地元でつくられた出版物ばかりを厳選。
地元出版社ならではのディープな情報が満載です。
新しい北海道に出会えるかも?!
商品は全部で30種類。
列車で旅する北海道の本や
自然の中にあるカフェばかりを集めたカフェ本、
札幌発祥のスープカレーやいま日本で人気のB級グルメ本などなど・・・。
台湾初登場となる中文版「旭山動物園ガイド」もお見逃しなく!


f0161318_23324158.jpg


北海道の地元出版社発刊とあれば、一番旬な北海道に出会えそうな本ばかり 001.gif
北海道旅行を考えていらっしゃる方、北海道暮らしに興味のある方、こういう本が台湾で一堂に揃う機会は 滅多にないことと思いますので、ぜひ行かれてみてくださいね!
[PR]
by naotw15 | 2010-05-24 22:57 | 日々のつれづれ

台中のイタリア料理レストラン Little Italy

f0161318_23285694.jpg

台中は、内装が凝っているおしゃれなレストランが多いのですが、このように外観が素敵なお店もあります。
Little Italy という、イタリア料理のお店です。

この日は、ここのお庭で一組のカップルが結婚アルバムの写真を、その側では別の雑誌か何か?の撮影が行われていました。とても暑かったので、撮影は大変そうでしたが、写真の背景としては、なかなか絵になる場所です。

f0161318_23354141.jpg

この日は、2人分のセットを頼みました。(もちろん2人で)。
f0161318_23334853.jpg

f0161318_2334525.jpg

f0161318_23343172.jpg

↑突然大きい写真で;;
f0161318_23345178.jpg


写真のうち、パンとパスタと、メインディッシュが2人分です(かなり量が多いです)。これらは2人でシェアします。前菜、スープ、ドリンクとデザートは一人ずつでます(ドリンク、デザート選べます)。
お値段は2人で999元(+サービス料10%)と、台湾のランチの相場としては高いですが、、、これって、場所代、込み、と考えればいいでしょうか??(味は、可もなく不可もなくといったところ・・・。でもパスタは美味しかったです)。場所として、ゆっくりするにはよさそうです。子連れもOK。ただこの日は、用事があって、アイスを半分食べたところで、席を立たねばいけず、、、、残念!次回はもっとゆっくり出来るときに・・。

台中に2件、高雄にも1件あるようです。

Littele Italy 台中市市政北二路52号 Tel:04-22592466
[PR]
by naotw15 | 2010-05-22 23:54 | -台中市

「台湾にない魅力」

今日の台中はくもっていて蒸し暑い一日です。
下の写真は、昨日撮ったもので、太陽がカンカン照りで、「あー、とうとう台中に夏がやってきた~!」という日差しの強さだったのですが、今日は太陽は雲の下に隠れてしまいました。
f0161318_16522349.jpg

昨日は、5日間の視察を終え、旭川から台中に戻ってきたジャイアント(GIANT)のスタッフから電話をもらいました。とにかく素晴らしい景色で、空気も美味しくて、とても満足した!と言ってくれました。旭川で迎えてくださった皆さんが、とてもしっかり準備をしてくれていたので、細かい打ち合わせまでできたということも喜んでいました。社長もとても満足されたということで、本当に良かったです。今日は北海道放送(HBC)でも、少し特集していただけるのだそうです。

昨日の朝刊で社長のコメントとして、
「豊かな自然が素晴らしい。台湾人にも好評となるだろう」
「台湾にない魅力があり、リフレッシュできる」
「台湾に戻って旭川や周辺のPRを積極的に行う」  
と言ってくださっています。

わたしは、都市の便利さと、近郊の自然、の2つの魅力を兼ね備えている、というのが、旭川の強みだと考えているんです。従来の台湾人団体旅行の北海道ツアーとは違った形で、まだまだ別の切り口で、台湾の個人旅行客を引き付ける可能性を持っている街だと、思っています。(ここでの都市の便利さっていうのは、北海道に旅行に行く台湾人の目的を考えれば、何も大きな百貨店や電器屋さんが沢山揃ってなくてもいいのです。でもちょっと買い物したいな、というときに、大きなショッピングセンターやらスーパーやら電器屋さん、薬局など、旭川の人達が利用しているお店でいいので、台湾で買えば高いものが、日本の値段で手に入ればいいということです。)

私が学生の頃は、旭川の人達はみんな、「あさひかわって何もないよねー」というのが、口癖みたいなものでした(考えてみれば自虐的ですよね)。北海道といえば、札幌や小樽、函館で。北海道第2の都市だっていうのに、自信もなにもあったものじゃなく。
でも、旭山動物園がこれだけ人気になっていってから、みなの意識も変わっていったと思います。変われるし、状況は変わるんだ、と言うこと。前々回の帰省時に、旭山動物園物語を旭川の映画館で観て涙した私ですが、動物園のこれほどまでの変貌は本当にすごいことです。


私はいまこうして台湾に住んでいて、旭川と台湾を結びつけるだとか、そういうことでしか関われないわけですが、少しでも、些細なことでも、わたしという人間を育んでくれた大好きな故郷、旭川に、自分の出来ることの中から、お返しできることがあれば大変嬉しく、あれこれ思いを巡らせる日々です。

そして同時に、旭川の皆さんに、ぜひとも台湾に遊びに来て欲しい、と思っています。
何でも一方的では長く続かないと思うからです。
台湾からも旭川に行く、旭川からも台湾に行く。そうすることで、お互いもっと理解し合えます。
そうすれば、また新しい可能性が開けていくはずです。

ぜひ、台湾へ!!


・・・・というわけで、最後に締りがなくなったので、台湾の観光CMをyoutubeでどうぞ。






“Wish to see you in Taiwan! ”
[PR]
by naotw15 | 2010-05-20 17:25 | 日台交流

台湾の大工さん

f0161318_11305680.jpg

昨日から、新しく関わる研究の計画書を読んで過ごしています。専門用語が多い中国語の文章を読むのは時間がかかり、辞書を引き引きの作業になってしまいますが、新しいことを覚えるのは大変な反面、それまで知らなかったことを知るというのは楽しいことでもあります。珪酸カルシウム版、二酸化ケイ素・・聞きなれない言葉と格闘しながら、どういうことを目的に研究をするのか、理解に努めながら読み進めています。今回は、大雑把な言い方をすれば、台湾の大工さんの健康を守るための研究なのですが、台湾の大工さんって、10万人もいるんだそうです。人口から考えたら、とても多い数です。リフォームなどの内装に携わる人も数えています。台湾ではブルーカラーの人たちの老後の保障はないに等しいですから、身体が動くうちに、出来るだけ働いて、お金を稼いでということになるわけです。ですので、一旦作業中に怪我をしたり、病気をしたりすると大変なことになります。台湾では、国家公務員や学校の先生、軍の人たちなど、老後に何の心配のない人たちがいる一方で、自分の身体しか頼りにならない人々が大勢います。社会的な格差は、日本の比にならぬほど深刻な台湾です。
[PR]
by naotw15 | 2010-05-18 11:01 | 台湾の社会と人々

ジャイアント(GIANT)のプレジデント、旭川訪問中!

一昨日から、ソワソワソワソワ、落ち着きがない私。。
旭川の天気予報が気になり、昨朝は、先ず旭川に設置されている、TV局のライブカメラで旭川の天候を確認。
よーし、快晴!桜も開花中!大雪山連峰も市内からはっきり見えるっ!

なぜ私がこんなにソワソワしているか(笑)といいますと・・・
実は一昨日から、台湾が世界に誇る自転車メーカーGIANT社の総経理(President)とスタッフ2人が我がフルサト旭川市を訪問中なのです!!サイクリングコースの視察なので、それで、どうしても天気が気になって!

昨夜は、対応いただいている観光課のSさんにお電話をしたところ、素晴らしいお天気で、視察も順調とのこと。2人ともとても喜んで下さっていると。

あ~よかった~!!!

昨日はNHK(北海道)でも少し報道していただいた様なのです。
社長:「台湾では自転車がブームになっていて、日本に来て自転車に乗りたいという人が増えています。旭川の道路はすごくいいですし、景色がとても気持ちいいです」とのコメントを出してくださったよう。
今朝は北海道新聞にも記事が載ったとのこと~^-^*

昨日の市内視察では、神居コタンのサイクリングロードで美しい桜が台湾からのお客さまをお出迎え。
旭川の市内からは、まだ雪の残る雄大な大雪山連峰を眺めることができたはず!

台中市北部に住んでいたとき、毎日のように自転車を走らせる台湾の人たちの姿を見てきて、
ぜひ、台湾のサイクリング愛好家たちに、立派なサイクリングロードを有する旭川で、サイクリングを楽しんでほしい!!という思いがいつも頭にありました。

そんな思いが天に伝わったのか、友人がGIANTの社長と知り合いだということが判明!
幸運にもお会いすることができ、社長から、北海道でのツアーを将来的にやりたいと思っている、というお話を直接聞くことに!私としては、旭川観光大使の役割を果たすべく(^^)、旭川とその周辺でのサイクリングは最高ですよ、台湾の人たちにきっと満足してもらえます!!、とパンフレットを駆使しつつ熱烈に説明し、それが今回のコース視察に繋がったのでした。

旭川市で観光推進に力を尽くしている皆さん―旭川市観光課、観光協会、地元旅行社、とそれから一緒に一丸となって受け入れる準備を進めて、実現した今回の訪問。旭川の西川市長が、台湾観光客誘致に熱心なこともとても大きなことでした。

台湾に戻ってくる日まであと数日、ソワソワ、ドキドキ、が続きます。

f0161318_105457.jpg

↑これは、旭川のパンフレットの、一部、です。ちょっとだけ並べてみました~♪
普段は周辺(美瑛、富良野、層雲峡)も含めて、A4のファイルに保存しています。とにかく、いい資料が沢山あり、A4ファイルは膨れ上がっています。中国語のものは、観光課の方に沢山送っていただき、昨年来、機会を見て、いろいろな方にお渡ししています。台湾人の北海道旅行の形態が個人旅行へと変わっていく中で、旭川の何が、どこが、台湾のどういう層に受けるか?どんな可能性があるか?を考えるのが、私の長い間の習慣になってしまいました。今回もそんな思いから始まった企画なので、ソワソワ落ち着かないのです。旭川市の観光課、観光協会、地元旅行社と、立場が違えど、旭川の観光を盛り上げたい!、という共通の思いでつながって、力を合わせて、一つ大きな一歩。これからもぜひ地元の人たちと協力して、旭川と台湾を結ぶお手伝いをしていきたいです!
[PR]
by naotw15 | 2010-05-16 09:15 | 日台交流

台湾新幹線の広告

台湾新幹線(高鉄)の駅で目にした広告です。ペンギン、かわいいですね。
f0161318_004123.gif
<謝謝你!搭高鉄減少碳排放、保護我們的家>
[PR]
by naotw15 | 2010-05-12 00:16 | 日々のつれづれ

清境農場へ行ってきました

日曜日からおじとおばが連休を利用して台湾に遊びに来ています。
私の結婚式出席以来、おじおばは、すっかり台湾が気に入って、それぞれ4回目、5回目の訪台です。
今日は清境農場へ遊びにいってきました。
とてもいいお天気に恵まれました。日差しは強かったですが、山の上は気持ちのよい風が吹いていました。
f0161318_22535821.gif

昨日はおじおば2人だけで台中から新幹線に乗って日帰り高雄の旅を楽しんできました。
初めての高雄も、新幹線、バス、地下鉄、徒歩で街を回り、タクシー利用は1回だけだったそうですが、いろいろと見て周れて、とても楽しい1日だったようです。シニアの人たちにとって、台湾は安心して旅の出来る国なのですよね、そんなことを改めて考えました。

私の両親も、ほぼ毎年台湾に遊びに来ているのですが、おじおばのように台湾リピーターになってくれ、台湾のお料理は口に合うわーといつも言ってくれるのを聞くととても嬉しいです。
あと数日我が家はとても賑やかです。
[PR]
by naotw15 | 2010-05-05 22:12 | -南投県
line

8年目の台湾暮らしの中から、あれこれ気ままに綴っているブログです


by naotw15
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31